香港や海外の保険業界におけるIFAという制度がある理由とうまく活用する方法

香港や海外の保険業界におけるIFAという制度がある理由とうまく活用する方法

海外の保険商品の話になると必ずでてくるのがIFAという言葉。
日本では保険は保険会社に直接申し込むことが多く、なかなか馴染みのない制度なのでわかりにくいと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではIFAについての疑問を全て解決できるよう、

  • そもそもIFAとは何なのか
  • なぜIFAが保険の契約で重要なのか
  • IFA選びの重要性

ということがわかるようにお伝えします。

そもそもIFAとは?

IFAはIndependent Financial Adviserの略で、そのまま日本語に訳すと独立フィナンシャルアドバイザーとなります。
日本では金融商品仲介業者という言葉が一番近いのですが、国によって形態が異なります。

独立というのは、保険会社や証券会社から独立しており中立の立場であるという意味です。
保険会社が直接販売等を行う場合はその保険会社の商品ばかりを押すことになりますが、独立した立場であれば販売可能な全ての保険商品の中からお客様にあった最適なものを販売することができるためこの独立性は重要です。
別の言葉では保険会社の代理人ではなく、顧客の代理人と言うこともあります。

海外の投資商品は保険会社やファンドから直接購入不可

香港の生命保険を始めとする海外の金融商品への投資を検討するとなぜIFAという言葉がよく出てくるかといえば、
海外の投資商品は保険会社やファンドから直接購入不可
となっているからです。

逆に言えばすべての商品はIFAを通して購入する必要があります。
私が今一番良いと思っている香港の貯蓄型生命保険も、元本保証付きのインデックスファンドも、直接保険会社に連絡しても契約はできず、IFAが全ての申込みや手続きの仲介をすることになります。
ファンドリンク型商品など一部のハイリスク・ハイリターン商品など、IFAが直接運用指図を行うものもあります。

IFAに依頼すること一覧

保険やファンドの契約においてIFAに依頼する内容は多岐にわたります。
以下に代表的なIFAに依頼する内容をご紹介します。

  • 保険の契約書の作成、申込み
  • 払込のクレジットカードの変更
  • 住所変更、勤務先変更
  • 保険会社からの一部メッセージの伝達
  • 積立プランの変更
  • 支払先口座の登録
  • 一部解約の実行
  • 解約の実行

IFAとの付き合いは契約だけではなく、その後のアフターサポートなど解約まで続くことになります。
申込後も、解約まで何十年も関係が続くからIFA選びは重要、と覚えていただければと思います。

IFA選びに失敗すると・・・

IFA選びに失敗してトラブルになったという例をこちらの記事にまとめています。参考にしてみてください。

怪しくて危険なイメージがあるオフショア保険(海外保険)って正直大丈夫?失敗事例と対策を共有します

怪しくて危険なイメージがあるオフショア保険(海外保険)って正直大丈夫?失敗事例と対策を共有します

2月 13, 2020

まとめ:IFAとは保険会社とあなたを繋いでいる

IFAとは、一言で言えば保険会社やファンドとあなた(投資家)を繋ぐ役割をするものです。
決して、ただの店員さんのように販売をして終わりの存在ではなく、契約の終わりまでの全ての手続きに関係してきます。

保険を契約して数年、気づいたらIFAが無くなっている、逃げている・・・
そんなことにならないように信頼の置けるIFAとお付き合いをしたいものですね。
私がお付き合いさせていただいているIFAは香港でもかなり大きい会社なのですが、ご希望であれば紹介させていただきます。

【無料PDFお送りしています】無料相談もこちら

今考えている商品についてのセカンドオピニオンや、保険商品のシミュレーション、香港IFAの紹介、その他オフショア投資や保険(生命保険、学資保険、貯蓄保険など)に関する疑問にお答え可能です。

「海外オフショア投資おすすめ商品ガイド」PDFも無料で配布させていただいています。

FPミヤケン
海外在住FPのLINEアカウント←LINEで直接私にお問い合わせ可能です。
こちらのQRコードをクリック又は読み取ってメッセージをお送りください。
数時間で返答させて頂けるかと思います。

LINEではなくメールをご希望の方は下のお問い合わせフォームからどうぞ。

海外オフショア投資に関するお問い合わせ

海外オフショア投資に関するお問い合わせ

2月 6, 2020

少しでも多くの方が投資に成功して素晴らしい人生を送ってほしいと考えています。また、様々な方のお話を聞くことでみなさんの悩みや関心を知りたいと感じています。
ぜひご連絡いただければと思います。