オフショア投資(香港生命保険)人気ベスト3。商品の特徴は利回り保証や高い利回りです。

オフショア投資(香港生命保険)人気ベスト3。商品の特徴は利回り保証や高い利回りです。
A子
海外オフショア投資って調べてみると種類も多いのね!でも、どれにしようか迷うから人気商品が良いかな。
B郎
どれも利回りが高いけど、僕に合っている商品はどれなんだろう?
FPミヤケン
そんな疑問にお答えできるよう、人気とおすすめ度でランキングを作りました!

1番人気!15年以上の長期投資にはFTライフの貯蓄型生命保険

色々商品をご紹介いただいている中で一番人気の商品が貯蓄型生命保険。
私自身もこの商品については素晴らしいと感じています。
日本人が契約可能な貯蓄型生命保険はFTライフとサンライフがありますが、その中でもより資産増加の期待値の高い、FTライフの貯蓄型生命保険が一番人気です。
まずはこの保険のポイントを紹介します。

FTライフの貯蓄型生命保険が選ばれる理由
  • 目標利回り7.1%という高利回りで達成率100%超
  • 一括払いや毎月払い、半期払、年払いなど支払い方法が柔軟に選べる
  • 受け取り方法も一時払いと年金払が選べ、時期も自由に指定可能(=タックスマネジメントがやりやすい)
  • 一定期間経過後には一時引き出しが可能
  • ポリシーは最長128年運用可能で子孫に資産を引き継ぐこともできる(=海外の富裕層がよく使う手法です)
  • 保険会社による一括運用のため安定した高利回りが期待できる
  • 長期保有が前提の商品(損益分岐点が10年目前後であり、15年以上の保有でないとリターンが少ない。そのかわり、30年、50年と保有する場合は50倍にもなる。)
  • 元本に対する保証が100%ではないがついている
  • 国際格付けA-と非常に高い格付け水準の保険会社

15年以上、可能であれば25年以上資金を運用し続けることができる方であれば最も資産を増やすことができるのではないかと思っています。
私自身も、今後も引き続きまとまった資金はこの保険を複数口契約して運用していこうと思っています。

5年間500ドルを拠出した場合のシュミレーションを見てみましょう。
5年間の総拠出額は3万ドル(約330万円)です。

FTライフ5年積立シミュレーション

最低保証が定められており、15年で90%に達します。これで大損する可能性はゼロになりました。
といっても、これまでも毎年目標利回りを超えた運用をしているので最低保障に近づくことはほぼ考えられません。

解約返戻金は悲観予測、堅実予測、楽観予測と3パターンの予測があります。
過去の実績から判断する限りは、堅実予測よりも上で推移しているようですので、堅実予測の数値を参考にするのがベストでしょう。
その場合、15年後には5万ドル(550万円)と元本の166%、20年後には2倍を超えて7万ドル(770万円)、30年保有しておけば473%の14万ドル(1540万円)、60年後には959,588ドルと1億円を超えるというシミュレーションになっています。
投資は早いうちから始めろとはよく言いますが、その理由もこれを見れば納得いただけるのではないでしょうか。

もちろんオフショア保険ですので保険金の拠出はクレジットカードで行うことができ、ポイントやマイルを貯めることもできます。
私がマイル好きだからこそ気づいたのですが、一括申し込みであれば一気に9万マイルを手に入れる裏技もあります。
お申し込みは香港現地での手続き又は郵送でも承ることができるのもこの保険がおすすめの理由です。

2番人気!満期が早く160%の利回り保証が嬉しい元本保証型ファンド

名前の通り元本確保はもちろん、利回り保証がついているのが元本保証型ファンド、もしくは元本確保ファンド型生命保険という商品です。
オフショア投資の中でも、160%の利回りを最初から保証してくれる商品はなかなかありません。
一時期日本人が契約できなくなるという噂もありましたが、現在こちらの商品であれば日本人の契約が可能です。

元本保証型ファンドが選ばれる理由
  • 15年払で140%の利回りを最低保証(年利4.3%保証)
  • 20年払で160%の利回りを最低保証(年利4.5%保証)
  • 30年間の平均利率9%という世界トップ企業インデックス(S&P500)への投資
  • 10年払の場合は10年と満期が比較的短い商品も選べる
  • 申込みに際して渡航が不要
  • 国際格付けA-と非常に高い格付け水準のファンド

5年間500ドルを拠出した場合のシュミレーションを見てみましょう。
5年間の総拠出額は12万ドル(約1320万円)です。

ITA20年積立シミュレーション

悲観予測、堅実予測、楽観予測の3パターンで予測をしています。
それには最低利回り保証160%というものがついているから当然ですが、どれも拠出額を大きく上回っていることがおわかりいただけると思います。
悲観予測の場合20年目に一気に上向いているのが最低保障の効果です。

堅実予測のケースで20年後には218万ドル(約2400万円)となるというシミュレーションになりました。
最初の元本と比較すると1000万円以上増えたことになります。

このように、利回りが保証されておりますが、運用成績が良ければさらに利回りは上がります。
投資対象はアップル、マイクロソフト、グーグルという世界的トップ企業500社であり、多少の変動はありつつも力強く成長している企業ばかりですので、最低保証よりも上を行くことが多いイメージです。

もちろんオフショア保険ですので保険金の拠出はクレジットカードで行うことができ、ポイントやマイルを貯めることもできます。
お申し込みはオンラインで承ることができるのもこの商品がおすすめの理由です。

3番人気!初年度から生命保険が充実したサンライフの貯蓄型生命保険

サンライフの貯蓄型生命保険は生命保険という要素が大きいのがポイントです。
拠出を始めた初年度から充実した保険がついてくるので、オフショア投資の中でも『生命保険』というイメージに近いのがこの商品です。
・運用だけではなく、生命保険としても使いたい
・日本などで契約している生命保険の代わりを探している
という場合には最適な保険です。

サンライフの貯蓄型生命保険が選ばれる理由
  • 契約初年度から充実の保険内容
  • 日本国内の保険に比べ、同じ保険金で保証が大きい
  • 死亡保険金や解約返戻金は契約が進むにつれて増えていく
  • 保険会社による一括運用のため安定した高利回りが期待できる
  • 65歳まで加入可能で100歳まで保障が続く
  • 国際格付けAa3と非常に高い格付け水準の保険会社

シミュレーションは年齢や喫煙歴、性別によって異なるため、ぜひ一度お問合わせください。
他の保険(日本・海外どちらでも)と比較したいというお問合わせにもお答えさせていただきます。

保険商品ベスト3以外の商品も気になりますか?

ここにある3つの保険がニーズに合えば、紹介した3つの商品が利回りなどを考えた結果現時点でベストな商品であると思います。

オフショア投資をもっと知りたい方へ
こちらの記事では海外オフショア生命保険の3大カテゴリそれぞれの違いについて詳しくしています。「貯蓄型生命保険」「元本確保型ファンド」「投資型生命保険」の違いを知って自分に合った投資を選ぶことも重要です。

※本記事は執筆時の為替レート1USD=110円を利用しています。

海外在住FPではオフショア投資に関する質問や紹介依頼など、全て無料で承っております。
「海外オフショア投資おすすめ商品ガイド」PDFも無料で配布させていただいています。

↓お問合せフォームよりご連絡ください!

海外オフショア投資に関するお問い合わせ

海外オフショア投資に関するお問い合わせ

2月 6, 2020

少しでも多くの方が投資に成功して素晴らしい人生を送ってほしいと考えています。また、様々な方のお話を聞くことでみなさんの悩みや関心を知りたいと感じています。
ぜひご連絡いただければと思います。